フロンの中島自動車電装 廃家電プラントシェア100%(全家電メーカー含む)
 

TOP

 

  独 創 技 術 で 環 境 に 貢 献 し ま す。

 

 オゾン層破壊に始まり温暖化にも大きな影響を与えているフロン問題は、解決した過去の問題でしょうか?
 冷媒フロンは、行政及び業界各位の必死の努力にもかかわらず、回収率は依然30%台と惨憺たる状況にあります。
 一方フロンを大気放出することで機能した、各種エアゾール缶の噴射剤は環境に優しいLPGやDME ※1 に代替されましたが、保安上の性質は正反対の不燃性から可燃性に変わり、家庭の排出時、運搬時、処理時の事故が激増しています。

 
 これらのフロン問題の解決はソフトである社会システムと、ハードである高性能な装置機器があって解決できる問題と考えています。
 ㈱中島自動車電装は最高の回収性能を持つ独創的なフロン回収機(国内廃家電プラントシェア100%)、家庭用ノンフロン冷蔵庫等HC(※2)冷媒処理装置、及び安全な処理とクリーン排気を特徴とする廃スプレー缶、廃ライター処理装置「安心カンカン」(全国の自治体が採用)を開発提供しています。

 


※1  LPG(液化石油ガス)とDME(ジメチルエーテル)は強燃性ですが自然系噴射剤で分解しやすくGWPも小さいため環境負荷が非常に小さい。
※2 ノンフロン冷蔵庫には自然冷媒のイソブタンが使われています。
HC:ハイドロカーボンでブタン、プロパン等炭化水素化合物の総称

  

フロン問題解決の中島自動車電装の取り組み

中島式フロン回収機
回収率No1※1
回収量No1
※2
ノンフロン冷蔵庫(HC※3)
回収処理装置
スプレー缶・ライター処理装置
安心カンカン

※1 家電製品協会コンテスト
※2 1台当たりの回収量
※3 イソブタン等