フロンの中島自動車電装 廃家電プラントシェア100%(全家電メーカー含む)
 
TOP > スプレ ー缶等・ライター処理装置の必要性 > Q&A

Q&A

Q1 安心カンカンの安全性は?

A1

燃焼(爆発)は、
  1.酸素(空気中の酸素濃度は約21%です)
  2.可燃性ガス(LPガス・DME等噴射剤として封入されています)
  3.着火源(静電気・金属同士の摩擦・衝撃)
以上の3項目の条件が揃わなければ起こりません。

A2

エアゾール缶・ライターを投入後、処理タンク内を減圧(真空処理)する事により、 少量の不活性ガス(窒素)封入して処理タンク内の酸素濃度を11.5%以下にしてから破砕処理に入りますので、内部での燃焼(爆発)は起こりません。
また減圧処理のため可燃性ガスが外部に漏出しません。

A3

減圧下での処理の為、過大な残留物が有る状態であっても安全に処理可能です。(一定の圧力上昇時に破砕処理を一時停止します。)

A4

破砕処理終了後は不活性ガス(窒素)封入を繰り返す事により、処理タンク内の可燃性ガス濃度が1.6%以下{爆発下限界で燃焼(爆発)が起こらない範囲です} になった所で処理済缶・ライターを排出口より取り出しますので、その際空気が入っても安全な処理方法となっています。

Q2 排気の処理方法は?

標準仕様は強制拡散排気となります。排気ファンにより100倍に希釈しますのでLEL(爆発下限界)の30%程度になり排気部分での燃焼(爆発)は起こりません。 又、可燃性ガスが一定の所に滞留する事も有りません。

Q3 排気のクリーン度は?

エアゾール缶の種類・内容物は多岐にわたりますが「安心カンカン」は排気ガスのための油洗浄槽と水洗浄槽を持っています。エアゾール缶内容物由来の蒸気の油溶性成分(トルエン、キシレン等)は油洗浄槽で、また水溶性の各種酸、アルカリ及びアルコール類の蒸気、飛沫は水洗浄槽で吸着除去します。更に希釈排気により、概ね悪臭防止法で定める濃度規制値の1/10以下のクリーンな排気です。この為コストが掛かり性能維持が困難な活性炭を使用する必要はありません。

Q4 処理機の操作性は?

作業者の方はエアゾール缶・ライターの投入、処理済缶・ライターの排出(計約1分程度)の作業となっております。投入口の扉はスイッチによる開閉操作となり、 運転状況は全てタッチパネルにて表示していますので、スタート操作を行った後は全て自動運転と非常に簡単な操作になっています。
勿論エアゾール缶の残液=廃液タンクの排液は作業の中断無く自動排液です。

Q5 設置方法は?

設置スペースは1ユニット約1100×1100(mm)が3ユニットとなりますので広いスペースを必要としません。 又、各ユニットはキャスターを装着していますので設置後の移動も可能です。
排気処理装置へ簡易ダクト(φ300㎜亜鉛メッキスパイラルダクト)を設置し屋外へ排気してください。

Q6 ランニングコストは?

A1

実質作業は、エアゾール缶・ライターの投入、排出(計約1分程度)となり他は自動運転の為運転中は他の付帯作業が行えます。

A2

電気代は1時間あたり約150円(kwh×12円で計算)になります。
1時間に4回以上の運転が出来ます。

Q7 処理可能なエアゾール缶・ライターの種類は?

エアゾール缶は市販されている極小φ20㎜からキャンプ用カセットボンベφ116㎜及びL300㎜のロング缶の処理が可能です。

内容物の種類は特別問いませんが、特殊スプレー缶 としてスプレーのり・接着剤・発泡ウレタン等は内部で固まってしまう為、処理後は清掃等の除去作業が必要になります。 ライターに対しても特に制限は有りませんが、材質の硬い物については、処理機保護の為破砕運転を停止することがあります。(停止後排気運転は行います)

Q8 未使用のエアゾール缶やカセットボンベの処理は出来ますか?

未使用品や残量の多いエアゾール缶やカセットボンベもヒータを内蔵し温度制御を行っている為安全に処理できますが、処理時間は遅延します。
また使用済み品の処理を前提としていますので未使用品の連続処理に関しては別途お問い合わせください。

Q9 NK120HTとNK150Tの違いは?

破砕刃形状の違いのみです。NK120HTは2軸2段刃でライターの処理を可能にしています。一方NK150Tは2軸単段刃でせん断比を下げている為破砕処理時間を短縮しています。