フロンの中島自動車電装 廃家電プラントシェア100%(全家電メーカー含む)
 
TOP > HC冷媒処理装置

HC冷媒処理装置

HC冷媒処理装置「HCR-210」

 HC冷媒処理装置にとって、最も重要な機能のひとつは安全性能です。
「HCR-210」は安全性能を最重要視しています。
処理は常に減圧下で行うため、外部に可燃性冷媒が漏れ出す危険はありません。
 また、回収時の空気の混入に関しては、酸素センサーで検知して窒素を封入します。

 

 起動時毎に、酸素センサーの健全性の判定およびキャリブレーション(較正)を自動処理する等、極めて信頼性の高い測定や制御を行っていますので、安心してご使用いただけます。
R600a(イソブタン)やR290(プロパン)等HC(炭化水素)冷媒を使用した冷凍サイクル機器の マテリアルリサイクルを行うために、可燃性冷媒の安全な抜き取りは不可欠です。
 可燃性冷媒は、液体、気体、冷凍機油に溶解して機器内に封入されています。
HC冷媒処理装置「HCR-210」は、冷媒を回収し安全な状態で排出し、冷凍機油は第三石油類レベルまで引火点を上昇させリサイクルを容易にします。
 「HCR-210」は回収槽と処理槽を装備しており、回収作業を中断することなく、自動で排液処理します。

 処理能力は1時間あたり冷蔵庫約80台です。(ただし、処理冷凍機油の引火温度設定により処理台数は異なります)